宮城県高校総合体育大会陸上競技最終日の27日、利府町の宮城スタジアムで男女14種目の決勝があった。
 女子砲丸投げは片桐琴香(仙台工)が11メートル93で初優勝。女子200メートルは県高校記録保持者の三浦由奈(柴田)が大会記録を0秒45縮める24秒57で制し、100メートル、400メートルリレーと合わせて3冠を達成した。男子200メートルは鵜沢飛羽(築館)が大会記録を塗り替える21秒45で2連覇を達成。100メートルと合わせて2冠に輝いた。
 男子3000メートル障害は小原響(仙台二華)、男子三段跳びは小野惟斗(柴田)、女子3000メートルは木村梨七(仙台育英)がそ...    
<記事全文を読む>