男子400メートルを制した平野(磐田北)は残り100メートルの直線で追い上げ、昨年の東海新人大会王者の宮川(富士市立)に100分の5秒差で競り勝った。
 大会前の練習中に右足ふくらはぎの軽い肉離れを起こした。「調子はあまり良くなかったが、東海総体出場を決めたかった」と平野。痛みを感じながらのレースも、自己記録を更新。指導する加藤監督は「自信になるはず」とうなずいた。
 短距離や400メートルの経験を持つ加藤監督の指導を求め、磐田一中時代から高め合ってきた同学年の仲間と共に磐田北を選んだ。2年生で県の頂点に立ったが、満足はしていない。平野は「けがに気を付け、さらに経験...    
<記事全文を読む>