関東高校大会県予選は5日、ソフトボール、卓球などで熱戦を繰り広げた。ソフトボール女子は厚木商が2年ぶりの頂点に輝き、卓球は女子個人ダブルスで横浜隼人の青木、小畑組が2連覇を遂げた。

 バスケットボール男子は法政二が13年ぶりに制し、女子はアレセイアが3連覇を達成。サッカーは代表決定の準決勝2試合を行い、湘南工大付と日大藤沢が本大会出場を決めた。

...    
<記事全文を読む>