静岡県高校総体サッカーは6月2日、エコパスタジアムで男女決勝を行う。午後1時開始の男子は堅守で勝ち上がってきた清水桜が丘と、圧倒的な攻撃力を見せつけてきた静岡学園が激突する。清水桜が丘が勝てば4年ぶり2度目、静岡学園なら2年ぶり7度目の優勝となる。
 ともにプリンスリーグ東海で好調を維持する。清水桜が丘は5勝1敗で首位を走り、静岡学園も唯一無敗の4勝2分で3位。地力のあるチーム同士の真っ向勝負が期待できる。
 清水桜が丘が今大会4試合で許したゴールは、準決勝の藤枝東戦でCKを直接放り込まれた1点だけ。相手をゴール前までは近づけさせても、最後は最終ラインが集中力を切ら...    
<記事全文を読む>