サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ東海は11日、藤枝東高グラウンドなどで第6節5試合を行った。静岡学園高は藤枝東高に3―1と逆転勝ち。唯一の無敗(4勝2分け)で勝ち点14とし、3位に浮上した。首位の清水桜が丘高は帝京大可児高(岐阜)に4―1で快勝。2位のJFAアカデミー福島も1―0で中京大中京高(愛知)を下した。桜が丘、アカデミーとも5勝1敗で勝ち点15。各県総体などでリーグは1カ月中断し、6月15日に再開する。

 静岡学園高 3―1 藤枝東高
 清水桜が丘高 4―1 帝京大可児高(岐阜)
 浜松開誠館高 1―1 藤枝明誠高 
<記事全文を読む>