県高校ラグビー春季選手権大会兼国体県予選が26日、上富田町朝来の上富田スポーツセンターで開幕した。1回戦の3試合があり、熊野は田辺に14―5で勝った。

 県内7校がトーナメントで対戦。上位4校は花園出場を懸けた10月末からの県予選でシード権を獲得する。

 熊野―田辺は前半、熊野が谷本のトライと橋園のゴールキックで7点を先制。後半、田辺の谷口のトライで2点差に詰め寄られるが、蒲田がトライを、橋園がゴールキックを決めて突き放した。

 新宮は和歌山工業に0―80で敗れた。那賀は和歌山北に24―5で勝った。

<記事全文を読む>