バドミントンの県高校春季大会は28日までに、ジェイテクトアリーナ奈良などで男女のダブルス、シングルスを行い、男子ダブルス決勝で増井楓也・日樫鼓組(奈良大付)が2―0で田垣内晴大・石川晃(同)を下し優勝。同シングルス決勝は増井楓也(奈良大付)が田垣内晴大(同)を2―1で制した。

 女子ダブルス決勝は篠原七緒・泉尾文美組(高田商)が2―1で水谷杏・中西智咲組(育英西)に競り勝ち頂点に立った。同シングルスは篠原七緒(高田商)が奥田遥(郡山)を2―0で退け優勝した。

...    
<記事全文を読む>