全国高校少林寺拳法選抜大会の女子規定組演武で優勝した神島2年の村上冬音さん、吉岡彩月さんと、弁論の部で優勝した同校2年の小田愛里さんが17日、県庁で仁坂吉伸知事に成績を報告した。

 大会は3月下旬に香川県であった。女子規定組演武での優勝は、田辺商業時代を含め、創部以来初。村上さんは「県大会、近畿大会と優勝し、次は全国制覇して3冠を取ろうと練習に取り組み、達成することができた」、吉岡さんは「強い気持ちで厳しい練習をしてきたことが実った。インターハイでは指導いただいた3年の先輩より上位に入れるよう頑張る」と話した。

 小田さんは弁論の部で「私にと...    
<記事全文を読む>