第22回全国高校少林寺拳法選抜大会が23~25日、香川県善通寺市であり、神島の選手が女子規定組演武と弁論の部で優勝、女子自由単独演武で3位、女子団体演武で6位に入賞するなど活躍した。

 男女に分かれて自由(3級以上)と規定(4級以下)の単独演武と組演武、団体演武のほか弁論の部があり、全国205校から575組、911人が参加した。和歌山県からは、昨年12月の近畿大会で上位の選手が参加した。

 女子規定組演武では、ともに神島1年の村上冬音さん、吉岡彩月さんの組が決勝で262・5点を記録し、2位に1・5点差で優勝した。村上さんは「全国優勝を目標に練...    
<記事全文を読む>