第三十七回全国高校アーチェリー選抜大会は二十八日、掛川市のつま恋リゾート彩の郷特設会場で最終日の競技が行われた。

 個人戦の決勝トーナメントがあり、静岡勢は男女六選手が出場し、男子の今井悠翔(はると)選手(浜松湖東二年)が三回戦に進んだが、惜しくも敗れて八強入りを逃した。他の五選手は二回戦までに涙をのんだ。女子では富士市大渕中出身でエリートアカデミーの渡辺麻央選手(東京・足立新田)が三位になった。

 ◆「ここまでこれた」 浜松湖東・今井  

 個人戦で三回戦に進んだ今井選手は「もっと早く負けると思っていた。ここまでこれて良かった」とほっとした表情を見...    
<記事全文を読む>