全国高校選抜大会は28日、ALSOKぐんま総合SCなどで7競技を行い、ボクシング女子ライト級の木村萌那(岐阜工)がRSC勝ちで、初優勝した。

 木村は決勝で、高橋美波(埼玉・花咲徳栄)と対戦。2回、鮮やかな左ストレートで2度ダウンを奪い、RSC勝ち。昨年末の全日本女子ジュニアでフェザー級を制しており、階級を上げての全国2冠目獲得となった。

 アーチェリー個人決勝には、県勢女子3人が進み、27日の混合を初制覇した岐阜選抜としても活躍した、山中乃絵留(聖マリア女)が5位入賞。武内花音(同)も5位に入った。ソフトテニスは男子団体の美濃加茂が1回戦を突破した。

...    
<記事全文を読む>