卓球の全国高校選抜大会最終日は28日、福岡県の北九州市総合体育館で行われた。高知県勢は、女子の明徳義塾が準決勝で四天王寺(大阪)に2―3で敗れて3位となった。

 明徳は第1単の船場がストレート勝ち、第2単の岡田が3―1で勝ってリードを奪ったものの、その後の複と単二つを落として逆転負けした。

 団体戦に出場する学校以外の選手で争うシングルスは、男子の南克樹(高知工)が準決勝で木許怜(大分鶴崎)に1―3で敗れた。

夏の飛躍を誓う
 女子明徳は、大会4連覇中の強豪を追い詰めながら、最後は逆転負け。悔しい結果となった。...    
<記事全文を読む>