全国高校選抜大会は27日、各地で9競技が行われ、空手形個人の女子で兵庫県の岡田愛結(東洋大姫路)が初優勝を飾った。同男子の東畑憲典(神港学園)は準決勝で敗れた。ボクシング男子ライトウエルター級の由良謙神(芦屋学園)は準決勝で判定負けした。

 空手形個人の女子は審査基準がより厳密に適用される中、高い修正力を見せつけた岡田愛結(東洋大姫路)が頂点に立った。小学生時代に全国を制した経験はあるが「全然違う。すごく重みを感じる」と声を弾ませた。

...    
<記事全文を読む>