全国高校選抜大会は25日、各地で7競技があった。重量挙げの男子89キロ級は川上直哉(兵庫県尼崎工)が優勝した。

 重量挙げ男子89キロ級は川上(県尼崎工)が大幅に自己記録を更新。大会階級別ランキング3位から躍進して全国大会で初めて栄冠をつかみ、「優勝は無理だと思っていたので実感がないが、とてもうれしい」と声を弾ませた。

 家族や仲間の応援を力に変え、6本とも成功。スナッチ125キロは試合での自己ベストを5キロ上回り、ジャーク149キロは8キロ更新と、計13キロも記録を伸ばした。8月末に第1肋骨(ろっこつ)を疲労骨折し、練習できなかった間に背中や脚を中心に筋力トレ...    
<記事全文を読む>