ウエイトリフティング女子45キロ級の江頭あゆむ(有田工2年)が3位に輝いた。全国舞台で初めて表彰台に上り、「自分でもびっくりしている」と笑顔をはじけさせた。

 後がない状態で迎えたスナッチの45キロを3度目でクリアすると、「緊張がほぐれた」。バーベルを2度の動作で頭上へ上げるジャークは自己ベストタイの60キロを成功、合計105キロで4位とわずか1キロ差だった。

 高校1年の県総体で2学年上の先輩の競技を観戦した後、本格的に始めた。昨年6月の九州大会で記録なしに終わった悔しさをばねに、1月の九州大会で頂点に立ち、この日も勝負強さを発揮した。4月からは最終学年として...    
<記事全文を読む>