敗者復活戦から一気に頂点へ駆け上がった。自転車男子スプリントの日高(静岡北)は「ずっと平成最後のチャンピオンになりたいと思っていた。努力が報われた」と声を弾ませた。
 22日の1回戦で力を出せず敗者復活戦に回ったが、準々決勝で神奈川代表の優勝候補を撃破して波に乗った。「思いきったレースができるようになった」
 優勝を決めた決勝の3本目は積極的な仕掛けが奏功。残り500メートルでロングスパート。ゴール直前で後ろを振り向くと、相手は遠くにいた。
 まだ1年生。小中学校時代はサッカーに熱中。競輪選手に憧れ、高校から競技を始めた。1年足らずでの全国制覇に、鈴木監督...    
<記事全文を読む>