女子ダブルスカルの予選2組では浜松湖南(内山、堀越)が順当に1着で準決勝へ進んだ。
 昨年10月の中部地区大会で強豪の美方(福井)に競り勝ち1位通過した実力を持つコンビ。この日もスタートから前に出て、2着に約6秒の差をつけてゴールした。
 ストロークの内山は、後半のスピードの持続を課題に挙げた。「(予選は)前半1000メートルまでに飛ばしすぎて後半失速した。焦ってブイにオールを当ててしまった」と反省し、「課題を克服して頂点を狙う」と前を向いた。

...    
<記事全文を読む>