作新学院高ボクシング部の川島弘行(かわしまひろゆき)監督(43)らが部員に体罰などを行ったとされる問題で、同校は18日、調査検討委員会から提出された報告書を踏まえて川島監督を同日から出勤停止1年の懲戒処分とし、父親で外部コーチを務める元監督(75)を31日付で解任することを決定した。

 昨年12月、匿名の投書で体罰問題が発覚したことを受け、同校は弁護士らの第三者委員3人、学内委員(教員)2人の計5人からなる調査検討委を設置。関係者から聞き取りを行うなど事実関係を確認した。

...    
<記事全文を読む>