サッカーのサニックス杯高校女子大会(西日本新聞社など後援)の最終日は26日、福岡県宗像市のグローバルアリーナで行われ、決勝は神村学園(鹿児島)が3-0で東海大福岡を破り、2年ぶり3度目の優勝を果たした。3位決定戦は柳ケ浦(大分)が1-0で筑陽学園(福岡)に勝利した。

 (新学年で表記)

   ◇    ◇

塚田2ゴール

 沈黙を破った。0-0で迎えた後半21分、ゴール前でパスを受けたFW塚田亜希子(3年)はチャンスを見逃さずゴールネットに突き刺した。2分後もゴールを奪い、快勝に貢献。「先制点が大事と監督に言われていた。自分が決めてやると思っていた」とガ...    
<記事全文を読む>