第31回近畿高校なぎなた選手権大会は3日、ジェイテクトアリーナ奈良で演技、個人、団体の部を行い、県勢は演技の部決勝で清原明華・村上小夏(一条)が1―4で馬木那帆・出口茉歩(関西福祉科学・大阪)に敗れ惜しくも準優勝となった。折野颯希・池田宇藍(奈良大付)は優勝した馬木・出口に3回戦で敗れてベスト8入りを逃した。

 

 団体は一条が準々決勝で関西福祉科学(大阪)に0―1で惜敗し4強入りはならなかった。

...    
<記事全文を読む>