勝負どころで地力を発揮した島田商が女子を連覇した。浜松市立との決勝は決して納得の出来ではない。主将でエースの遠藤は「自分がチャンスに決め切れず、こういう試合になった」と、思わず悔し涙を流した。
 先発6人の平均身長が170センチと高さが武器だが、その反面、守備を課題とする。決勝の第1セットは、浜松市立の球足の長いスパイクに反応が遅れ、序盤に7点のリードを許した。だが「一回も弱気にならなかった」と遠藤。中学時代に全国8強入りを経験した笹瀬も、「ミスはあまり気にしないタイプ。思い切り打ち抜いた」と勝負どころで10得点し、劣勢を挽回した。
 遠藤以外の先発全員が1年生で伸...    
<記事全文を読む>