東海高校新人バスケットボールは10日、草薙このはなアリーナで男女の準決勝と決勝、3位決定戦を行い、男子の藤枝明誠(静岡1位)が6年ぶり6回目の優勝を飾った。飛龍(静岡2位)は3位。女子は岐阜女(岐阜1位)が頂点に立ち、浜松開誠館(静岡1位)は3位入賞した。
 藤枝明誠は準決勝で美濃加茂(岐阜1位)に74-57で快勝し、決勝は中部大第一(愛知1位)を72-55で下した。飛龍と浜松開誠館はそれぞれ準決勝で敗れたが、3位決定戦を制した。

 ■藤枝明誠 走って本領、強豪撃破
 6年ぶりに東海王者に返り咲いた。男子の藤枝明誠は決勝で持ち味の走るバスケットを貫き、全...    
<記事全文を読む>