バスケットボールの兵庫県高校新人大会最終日は4日、宝塚市立スポーツセンターで男女の決勝などがあり、女子は三田松聖が前回覇者の市尼崎に78-73で競り勝ち、初優勝した。市尼崎は県総体、全国選手権県予選を含む県大会の6季連続制覇はならなかった。男子は、昨年末の全国選手権8強の報徳が三田松聖に93-58で完勝し、5年ぶり2度目の頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>