男子の藤枝明誠は最終戦で静岡学園を61-48で下し、決勝リーグを3戦全勝。攻守で勝負強さを発揮し、5年ぶりの頂点に立った。就任3年目で初めて県大会を制した阿部監督は「我慢強く集中を切らさないチームに成長した」とたたえた。
 決勝リーグ初戦で全国選手権16強の飛龍に76-44と大勝して勢いに乗った。静岡学園戦は立ち上がりから岩下の3点シュートなどで流れを引き寄せた。内角では鋭いドライブで切り込む菊地と200センチのカミソコがともに2桁得点をマークした。
 第4クオーターは、静岡学園に5連続得点で一時は3点差まで迫られた。だが、20得点目となる岩下の3点シュートで巻き返...    
<記事全文を読む>