女子ラグビーの第29回関東大会が25日までに埼玉県の熊谷ラグビー場で行われ、高校生交流戦に出場した佐野高1年秋田若菜(あきたわかな)(16)=166センチ、60キロ=が「経験者の部」のMVPに輝いた。12月にニュージーランドで開催される18歳以下の7人制大会「ワールドスクールセブンズ」出場を目指す期待のホープは「実力を磨いて五輪やワールドカップで戦える選手になりたい」と目を輝かせる。

 15人制で行われた高校生交流戦には、経験者の部と初心者の部に1都7県の計5チームが出場し、秋田は栃木、群馬、埼玉3県の選手で構成された「北関東A」でメンバー入りした。3チームによる総当たり戦...    
<記事全文を読む>