ラグビーの第19回関東高校新人大会は9日、茨城県水戸市のツインフィールドで1都7県の代表16校が参加して開幕。決勝は17日に千葉県成田市の中台運動公園陸上競技場で行われる(12時15分)。埼玉県勢は、県高校新人大会で優勝し、6年ぶり4度目出場の浦和が1回戦で慶応(神奈川2位)と、同準優勝で初出場の立教新座が日川(山梨1位)とそれぞれ対戦する。

 大会は全国高校選抜大会(3月29日~4月7日・熊谷ラグビー場)の選考材料となる。昨年の選抜大会で桐蔭学園(神奈川)が連覇したため、昨年と同様に関東の枠は1増の6校。浦和は開催県枠で既に出場を決めている。立教新座は6位以内なら自動的に...    
<記事全文を読む>