ハンドボールの近畿高校新人大会最終日は27日、大津市のウカルちゃんアリーナで男女の順位決定戦があった。兵庫勢は男子の神戸国際大付と女子の明石が3位に輝き、女子の神戸星城は5位に入った。3校は全国高校選抜大会(3月24日開幕・埼玉県ほか)の出場権を獲得。神戸国際大付は10大会連続、神戸星城は5大会連続で全国に進み、明石は2大会ぶりに切符を手にした。

 3位決定戦では男子の神戸国際大付が38-23で東大寺学園(奈良)に圧勝し、女子の明石は21-16で高野山(和歌山)を退けた。神戸星城は5、6位決定トーナメントの初戦で育英西(奈良)を26-7で破り、決定戦で彦根翔西館(滋賀)に2...    
<記事全文を読む>