重量挙げの東海高校選抜大会は19、20日の両日、三重県鈴鹿市石薬師町の石薬師高校ウエイトリフティング場であった。

全国高校選抜(3月・金沢市)の予選会を兼ねて開催した。今大会から導入された新階級(男子9階級、女子8階級)のうち、男子3階級を四日市工勢が、女子2階級を亀山勢が制した。

全国選抜出場選手は2月初旬に決まる見込み。県大会と東海大会で標準記録を突破した選手が選抜出場選考の対象となる。

...    
<記事全文を読む>