第55回石川県高校スキー選手権第1日(15日・白山市白峰クロスカントリー競技場ほか=北國新聞社後援)開会式の後、距離競技の男子リレーが行われ、単独出場の鶴来が23年連続47度目の優勝を果たした。
 距離競技はリレー、個人とも女子の出場がなく、今季も男子のみで争われ、男子リレーは1人10キロの40キロで実施された。
 鶴来は北出竜之介(3年)、内藤蒼(2年)のスキー部員とバドミントン、野球にそれぞれ汗を流した中谷洸太(3年)、源大輝(同)が力走した。
 全国大会に出場できないものの、北出、内藤は16、17日の個人レースに闘志を新たにし、クロスカントリーの経験...    
<記事全文を読む>