第七十一回全日本バレーボール高校選手権大会は六日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで男女の二回戦が行われ、県勢は女子の富士見が市立沼田(広島)に勝って七日の三回戦に進出したが、この日から登場した男子の静清は大村工(長崎)に敗れ、初戦で涙をのんだ。

 富士見は、第一セットの終盤でリズムが乱れたが、第二セットで修正。藤村若奈選手、伊藤麻緒選手のスパイクなどで、2-1で逆転勝ちした。

 静清は競り合いになった第一セットを落とすと、第二セットでも修正できず無念のストレート負けを喫した。

 富士見は七日の三回戦で昨年の優勝校、金蘭会(大阪)と準々決勝...    
<記事全文を読む>