バレーボールの第71回全日本高校選手権第2日は6日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで2回戦が行われた。女子の鹿児島南は誠英(山口)を2-0で下した。男子の鹿児島商は松阪工(三重)に1-2で敗れた。7日は準々決勝までがあり、鹿南は八王子実践(東京)と3回戦を戦う。
 鹿南は粘りの守備でラリーを制し快勝した。出だしは硬さが残り、リードを許したが終盤にエース大工園やライト松山が鋭いスパイクを決めて第1セットを先取。第2セットは落ち着きを取り戻し終始安定していた。誠英はレシーブで粘ったが及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>