バレーボールの全日本高校選手権は5日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して1回戦が行われ、男子の東北(宮城)は松本国際(長野)に、山形中央は鹿児島商にそれぞれ敗れた。一関修紅(岩手)福島商、五所川原工(青森)も敗退した。
 女子の古川学園(宮城)は市船橋(千葉)との好カードを2-1で制した。盛岡誠桜(岩手)郡山女大付(福島)青森西は2回戦へ進み、秋田北と米沢中央(山形)は敗退した。
 大会は男女各52校が参加。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で行われる。

...    
<記事全文を読む>