バレーボールの第71回全日本高等学校選手権大会(春高バレー)は6日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで2回戦があり、男子の西原が2―0で石川県立工業を退け、4年ぶりに3回戦進出を果たした。7年ぶりの8強入りを懸ける3回戦は7日、雄物川(秋田)と行う。

 7日は準決勝まであり、西原が雄物川に勝てば、市立尼崎(兵庫)―松坂工業(三重)の勝者と対戦する。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>