バレーボールの全日本高校選手権(春の高校バレー)は1月5日、東京都の調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、福井県勢は男女ともに福井工大福井が挑む。同日の1回戦で、2年ぶり42度目出場の男子は天理(奈良)と、5年連続5度目の女子は和歌山信愛と戦う。

 ■男子、高い決定力武器
 
 福井県大会決勝でみせたのはスパイク決定力の高さと攻守の安定感。好調を維持し、一戦必勝で臨む。

 攻撃はバリエーション豊か。菅沼海成は身長190センチの上背を生かした強烈なスパイクで強気に攻める。能美仁は状況判断に優れ、冷静にコースを狙う。梶山憲武はスピード感あふ...    
<記事全文を読む>