"春高"の愛称で親しまれているバレーボールの全日本高校選手権は5日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで男女各52校が参加して開幕。13日の決勝まで熱戦が繰り広げられ、県勢では3年連続18度目の出場となる女子の細田学園が5日の1回戦で富岡東(徳島)と対戦(17時35分開始予定)。4年連続8度目の出場を果たした男子の埼玉栄は6日の2回戦で松本国際(長野)―東北(宮城)の勝者と顔を合わせる(9時30分開始予定)。開幕を目前に、活躍を誓う両校を紹介する。

■4年連続の挑戦、準決勝進出を目指す

 4年連続の挑戦となる男子の埼玉栄はセンターコート(準決勝)進出を目指す。伊...    
<記事全文を読む>