駅伝の県高校新人体育大会・第26回県高校新人競争大会は25日、今帰仁村総合運動公園を発着点とし、同公園付帯公認マラソンコースと本部町をコースに、男女とも5区間21.0975キロで争った。男子はコザが4区(3キロ)で5位から一気に1位に躍り出て、1時間7分38秒で2連覇を達成した。優勝は11回目。女子は名護が1時間18分55秒で2連覇し、8回目の栄冠をつかんだ。男子5区(5キロ)の山城弘弐(コザ)は15分21秒で、4区の饒平名寛弥(同)は9分3秒で区間新記録を樹立した。男女の優勝校は3月に鹿児島県で開催される九州選抜駅伝に出場する。

◇コザ、チーム力で逆転劇
力走で首位に...    
<記事全文を読む>