バスケットボールの第37回小橋川杯争奪高校選手権大会の最終日は20日、沖縄県宜野座村総合体育館で決勝リーグを行い、男子は2勝同士の対戦を豊見城が78―71で興南に競り勝ち優勝、女子も2勝同士がぶつかり、西原が80―70で糸満を振り切って頂点に立った。男子の興南、女子の糸満が2位だった。男女の上位2チームは3月23~24日に福岡県で開催される第49回全九州高校春季選手権大会に派遣される。

◆西原、Vも課題多く

 優勝を決めた直後のミーティングで女子・西原の崎浜秀勝監督に笑顔はなかった。「負けた相手は何くそという気持ちで向かってくる。おまえたち...    
<記事全文を読む>