第46回県高校新人選抜バスケットボール七尾大会第1日(12日・七尾市中島体育館ほか=北國新聞社後援)昨秋の県高校新人大会(本社後援)で3回戦に進んだ男女各16校が出場して1回戦と準々決勝に熱戦を展開、女子で昨年末の全国高校選手権で4位の健闘を見せた津幡が3連覇へ好スタートを切った。
 津幡をはじめ女子は金沢、金沢西、鵬学園、男子は新人大会を制した北陸学院、2連覇を目指す金沢学院と金沢、金市工がそれぞれベスト4入りした。
 大会は第50回北信越高校新人バスケットボール選手権の予選を兼ね、男女とも1回戦から白熱した攻防が繰り広げられた。
 最終日の13日は男女...    
<記事全文を読む>