サッカーの静岡県高校新人大会の組み合わせが28日、決まった。地区大会を勝ち抜いた32校(東部10、中部11、西部11)が2月3日からトーナメントで争う。決勝は2月17日午後1時半から愛鷹多目的競技場で行う。
 優勝争いは4連覇を狙う静岡学園を軸に展開しそうだ。中部大会も1位突破し、強さは健在。初戦で浜名(西部11位)と対戦する。
 全国高校選手権に出場した浜松開誠館(西部7位)は常葉大橘(中部4位)とぶつかる。1回戦屈指の好カードになりそうだ。高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ東海に初昇格する東部1位の富士市立も注目。1回戦で科学技術(中部11位)と対戦す...    
<記事全文を読む>