全国高校サッカー選手権大会で、ベスト8入りした矢板中央高校サッカー部の白井陽貴(はるき)主将(18)らが矢板市役所を訪問し、大会結果を報告した。

 前回はベスト4に進出した強豪の矢板中央は、初戦の二回戦と三回戦を突破したが、準々決勝で、大会を制した青森山田(青森)と対戦し、1-2で惜敗した。

 白井主将は「最高の舞台で良い経験ができた」とあいさつ。青森山田戦は「先制点を取っていけると思ったが、相手は焦ることなく自分たちのサッカーをした」と振り返った。

 サイドバックとして活躍した後藤裕二副主将(18)は「市民などのサポートへの感謝を忘れず、次のステー...    
<記事全文を読む>