前橋育英高サッカー部の山田耕介監督によるトークショーが19日、前橋市内の書店で開かれた。2017年度選手権優勝メンバーの田部井涼や飯島陸(ともに法大1年)、前橋育英高出身でザスパクサツ群馬でプレーした小林竜樹さんも登壇した。

 山田監督は就任当時の思い出や選手育成に対する考え方を語った。司会者からプロを目指す生徒の上達方法を問われると、「サッカーの基本の三原則であるボールが止められ、運べて、蹴れることを繰り返し学んでほしい。その三つを大切にすれば大きくなっても、けががあっても、ずっと体が覚えている」と述べた。

...    
<記事全文を読む>