瀬戸市西長根町の聖カピタニオ女子高校サッカー部が、兵庫県で開催中の「第二十七回全日本高校女子サッカー選手権大会」で、初のベスト8に輝いた。前回の準優勝校を破る大躍進で、大会時に主将だった三年の鹿島明莉(あかり)さん(18)は「みんなでつかんだベスト8を誇りに思う」と喜ぶ。

 同校サッカー部は一九九〇年創部で、当初から多田利浩監督がチームを率いる。昨年九、十月の県大会で優勝し、上位三チームが全国の切符を手にする東海大会では、U-17(十七歳以下)日本代表選手に選ばれた三年の神谷千菜(ちいな)さん(17)を欠きながらも善戦。決勝で昨年の全国大会優勝校、藤枝順心高校(静岡県)に惜...    
<記事全文を読む>