第97回全国高校サッカー選手権大会第5日は5日、川崎市の等々力陸上競技場ほかで準々決勝4試合を行い、本県代表の矢板中央(2年連続9度目)は午後0時5分から、同会場で青森山田(青森、22年連続24度目)と対戦する。勝てば同校初の2年連続、県勢としては95回大会の佐野日大も含めて3年連続4強入りを懸けた大一番。DF白井陽貴(しらいはるき)主将は「何が何でも勝つという決死の覚悟で試合に臨みたい」と闘志をむき出しにしている。

 矢板中央は初戦となった2日の2回戦で日章学園(宮崎)に2-1、3日の3回戦で立正大淞南(島根)に1-0で競り勝った。2回戦のオウンゴールを除けば県予選から6...    
<記事全文を読む>