サッカーの全日本高校女子選手権は4日、兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場などで2回戦が行われ、中国第1代表の作陽(岡山)は、東海第2代表の聖カピタニオ女(愛知)と対戦。3-3からPK戦の末に敗れ、ベスト8進出はならなかった。

...    
<記事全文を読む>