第27回全日本高校女子サッカー選手権大会は3日、兵庫県洲本市などを会場に1回戦が行われ、北海道代表の大谷室蘭は筑陽学園(福岡)に0―1で敗れ、6年ぶりの初戦突破はならなかった。

 大谷室蘭は前半からボールを支配して試合の主導権を握ったが、後半、わずかな隙からカウンターで失点した。試合終了の笛が鳴ると、死力を尽くした大谷イレブンががっくりピッチに崩れ落ちた。


◆―― わずかな隙 魔物に魅入られる

 第27回全日本高校女子サッカー選手権大会初日の3日、大谷室蘭は五色台運動公園グラウンドで筑陽学園と...    
<記事全文を読む>