第27回全日本高校女子サッカー選手権は3日、兵庫県の三木総合防災公園陸上競技場などで1回戦16試合を行った。
 前年覇者の藤枝順心は、昨年8月の全国総体を制した常盤木学園(宮城)と対戦。GK木稲瑠那を中心に無失点に抑えたが、PK戦で2―4と敗れた。現行の32チームによるトーナメント方式となった2008年の第17回大会以降、藤枝順心は11年目で初の初戦敗退となった。
 2年ぶり出場の磐田東は東海大福岡に1―9で敗れたが、片野田朱珠が同校の全国大会初得点を挙げた。

 ▽1回戦
 常盤木学園(宮城) 0(0―0 0―0 PK4―2)0 藤枝...    
<記事全文を読む>