藤枝順心は粘り強く戦い、PK戦に持ち込んだ。なでしこリーグの千葉入りが決まっているGK木稲が常盤木学園の2人目を止めたが、藤枝順心は1、2人目が失敗し初戦敗退で連覇を逃した。木稲は「残り5分からは、全員がPK戦で勝てばいいと同じ考えになった。自信があったし、キッカーも外したことがない選手ばかりだったからこそ悔しい」と唇をかんだ。
 開始早々にFW池口がひざを負傷して交代。攻撃の中心が不在となり攻め手を欠いた。だが、守備陣が踏ん張った。後半21分、立て続けにあったCKからの相手のシュートは木稲が阻止した。U―17(17歳以下)日本代表DF長江の鋭い読みも光った。
 昨...    
<記事全文を読む>