浜松開誠館の足が一瞬止まった。後半23分。自陣深くで長崎総合科学大付の右サイドでのパスに対し、市川と前田の出足が遅れた。「どちらがいくか迷ってしまった」と前田。悠々とクロスを上げられ、痛恨の失点を喫した。
 ハードワークが売りの相手に対して一歩も引かなかった。激しいプレスにも冷静に対処。中盤の底に入った市川は「イメージ通り。(相手の)スピードは見えるレベルだった」と振り返る。前田も「うまくプレスをかわせた時は、開誠館らしいサッカーができた」と言う。「闘う、走る、粘る」のスローガンを体現し、初出場で前回8強の強豪と互角に渡り合った。だからこそ、一瞬だけ許した隙が悔やまれる。 <記事全文を読む>