ラグビーの県高校新人大会は13日、昨秋の全国高校埼玉大会4強と東西南北の各地区予選を勝ち上がった12チームを合わせた16チームが参加して開幕する。優勝チームが手にする全国高校選抜大会(3月29日~4月7日・熊谷ラグビー場)の切符と、上位2チームに与えられる関東高校新人大会(2月9、10、16、17日・茨城、千葉)の出場権を争う今大会を展望する。

 優勝争いは、深谷、昌平、川越東、立教新座が中心になりそうだが、その4校を追う伊奈学園、城西大川越、正智深谷も実力十分。近年で最も上位校の力に差が少なく、どのチームにもチャンスがありそうだ。

 花園の全国高校大会代表で8...    
<記事全文を読む>