第98回全国高校ラグビー大会第6日は5日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準決勝2試合が行われ、ともにAシードの大阪桐蔭(大阪第1)と桐蔭学園(神奈川)が決勝に進んだ。

 前回大会準優勝の大阪桐蔭は初、桐蔭学園は東福岡と両校優勝だった第90回大会以来、8大会ぶり2度目の優勝を狙う。

 大阪桐蔭はBシードの流通経大柏(千葉)を31-17で退けて、2大会連続の決勝進出。桐蔭学園はAシードの東福岡に46-38で競り勝ち、3大会ぶりに決勝に駒を進めた。

 決勝は7日の午後2時にキックオフの予定。

◆攻守にブレ...    
<記事全文を読む>